(シャーロックホームズ)ボスコム谷のミステリー(中級 ダウンロード版) 約4時間
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

(シャーロックホームズ)ボスコム谷のミステリー(中級 ダウンロード版) 約4時間

¥4,440 税込

※こちらはダウンロード商品です

Boscombe_Mystery.zip

523MB

英語力中級 高校1年~  右脳→左脳の連携学習(ステレオ) ■コナン・ドイル作 (シャーロック・ホームズの冒険) 「ボスコム谷のミステリー」 富豪ターナーと、マッカーシーは、かつて同じくオーストラリアにいたことがある。彼らはイギリスに帰ってから、同じ敷地内に住んでいた。ある日、マッカーシーはボスコム沼の近くで、何者かに鈍器でなぐられ、死亡した。その犯人とされて捕まったのは、マッカーシーの息子ジェームズだった。しかしターナーの娘、またジェームズの恋人でもあるアリスは、ジェームズの無実を堅く信じている。アリスの求めにより、シャーロック・ホームズはボスコム沼へ向かい、事件の調査を開始した。 結末におけるホームズのいきな計らいが、にくい。小分割/和英順テキストと、英語のみの原文を収録。 約4時間 MP3音声ファイル(日本語→英語と、英語のみ)と教本テキスト   ご購入はクレジットカード決済のみです。決済後すぐにダウンロードできます。 (テキスト・サンプル) 「ボスコム谷のミステリー」  私たちはすわって We were seated ある朝朝食をとっていた at breakfast one morning, 妻と私(ワトソン)であるが my wife and I, そのとき女中が電報をもって入ってきた when the maid brought in a telegram.  電報はシャーロック・ホームズからのもので It was from Sherlock Holmes こう書いてあった and ran in this way:    「2日ほど暇はあるか Have you a couple of days to spare?  (じつは私は)電報で呼ばれた Have just been wired for 西部イングランドから from the west of England ボスコム谷の惨劇に関してだ in connection with Boscombe Valley tragedy.  私はうれしいのだが Shall be glad もし君が一緒に来てくれたなら if you will come with me.  風光明媚な所だよ Air and scenery perfect. 私はパディングトン駅11時15分の便で発つ Leave Paddington by the 11:15.」    「どうするの、あなた "What do you say, dear?"」  と妻が言った said my wife, 私の顔をのぞきこむようにして looking across at me. 「行くの? "Will you go?" 」  「どうしようかなあ "I really don't know what to say. (患者の予約)リストもずいぶんたまっていることだし I have a fairly long list at present."」  「あら "Oh, アンストルザーさんが Anstruther 代わりにやって下さるわよ would do your work for you. (原文)  We were seated at breakfast one morning, my wife and I, when the maid brought in a telegram. It was from Sherlock Holmes and ran in this way: Have you a couple of days to spare? Have just been wired for from the west of England in connection with Boscombe Valley tragedy. Shall be glad if you will come with me. Air and scenery perfect. Leave Paddington by the 11:15. "What do you say, dear?" said my wife,looking across at me. "Will you go?"  "I really don't know what to say. I have a fairly long list at present." "Oh, Anstruther would do your work for you.... 2分でわかる作品紹介(YouTube動画) https://www.youtube.com/watch?v=sLt1pThCtcA